製作記録です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソックヤーンで手袋 --トライアル
2014年01月23日 (木) | 編集 |
表から 裏から つけてみた

ローワンマガジンを買いに行ったパピーで衝動買いした糸。靴下用です。
そのときは「これで手袋編んだらかわいいはず!!」と買ったのですが・・・。
気に入っていた編み込みの手袋をムスメに取られてしまって、手袋欲しかったのよね。

しかし。
この糸1本(4ply≒中細)では薄いかなー。
とあれこれ試行錯誤したものの、結局1本で編むことにしました。
うーん・・・でもやっぱり薄かったかなぁ。

ソックヤーンは洗っても縮まないし丈夫。
だから手袋にも良い糸だと思うのだけれどもなー・・・。
なんだろう。このすっきりしない感じ(笑)。
そのうちまた、の気持ちをこめて"トライアル"とつけておきます。

*使用素材*
Regia/ Design Line Kaffe Fassett #4354
スポンサーサイト
ポンチョなストール --さぼてん
2013年12月19日 (木) | 編集 |
前から 後ろから

くるくるふわふわのループヤーン。
どうも数年前にこういう感じの糸ブームが来ていたようで。
しかも中途半端な量ですでに廃番な糸・・・。

巻物を編むのは好きだけど、身につけるのはニガテです。
でも形にしてあげないと、ずーっと糸玉のままな気がして。

輪ではなく、バームクーヘンの一片(?)のような形です。
ボタンもなし。前立も縁編みもなし。
減目しながら8mm針でざくざくひたすらガーター編み!
ポンチョのようなシンプルなストールになりました。

ポンチョ・・・というとわたしは"サボテン・ブラザーズ(Three Amigos)"を思い出します。
大大だーいすきな映画です。
こちらの名前はその映画のタイトルからいただきました。

*使用素材*
リッチモア/プリムローズ
三角帽子
2013年11月30日 (土) | 編集 |
三角です かぶってみたところ

ムスメとずっと前に編む約束をしていました。ニット帽。
リクエストは"後ろに長めの帽子"でした。
せっかく編んだのに、ムスメはあまりかぶってくれません(笑)。

このおうちのようなデザインは北欧のあみこみ帽子 (Let's knit series)という本の
"dappled"という作品を参考にさせていただきました。
本の中の作品はピンクのかわいい編み込みが印象的な帽子です。

*使用素材*
Opal/RegenWald IX 6-fach #7586
snow-snowのショール
2013年06月07日 (金) | 編集 |
ten oldさんの"snow-snowのショール"です。
キット(ボタン除く)になっています。

前から 後ろから 巻物

いつか伝統的なフェアアイルの技法で編んでみたい!と思っていました。
ふと見つけたten oldさんの作品に一目ぼれ。
これはもう"編みなさい"ということかと。

スティーク(切りしろ)を作りながら横糸渡しで輪に編み、
はさみで切り開いた後拾い目をしていきます。
往復編みをしないため、糸替えの時に糸は切ります。
わたしは初めてなのでとりあえずは単純な形のこちらから。

ちょきちょき 拾い目
(左)切り開き中 (右)拾い目終了

切る時は本当に緊張しました!切り口はこんな感じです。
スティークはそれぞれ6目分。
いつのまにか端がぼろぼろになるのではないかと不安だったのですが
ほつれてきません。
シェットランドヤーンだからできるワザなのですね。

水通しするというのも初めて。わしわしもみもみ洗います。
干して、スチームアイロンして形を整えて、しっかり乾かしたらあら不思議。
軽く、ふんわりな手触り(洗う前は割とガサガサな毛糸です)。

"わたしはあみものが好きなのかしら?ホントは違うんじゃない?"
とか思うことが多い今日このごろ。
"ううん。やっぱり好きなのだわよ"と思い直した作品でもありました。
そりゃ爆編みもいいけれど、一目一目丁寧に編むのがいいな。
そんな機会をくれたフェアアイルとten oldさんに感謝です。
黒のラグランセーター --Linking
2013年04月26日 (金) | 編集 |
前から 後ろから

黒のセーターが欲しいなぁと思って。
なんでもない&なんにでも合う、秋から活躍できて冬にはコートの中に着られるもの。
編み始めたはいいが、1年越しになってしまった・・・。
しかも途中で糸足らなくなっちゃうし。

ヴォーグに通って以来、だいたいいつも何かしらお題を決めるようにしています。
今回は"よろけ細編みと等角ラグラン袖の製図の復習"でした。

等角ラグランの製図は・・・めんどくさい(小声)。
しかし!!ラグランとか丸ヨーク、わたしは好きなの。
なんか顔が明るく見えないかい?(笑)。
いかり肩も少しは気にならない気がしないかい?(笑)。
まあ、着ていて楽だからというのが一番の理由です。

先に書いたとおり糸が足らなくなったため、裾と袖口だけ別ロットの糸です。
予定にはなかったのですがレース風にすることにしました。

袖口 裾

そう。少し思うところがあり、作ったものに名前をつけてみようかなと思って。
こちらは"linking"。

Mystという大好きなゲームに"リンキングストーン"というものがありまして。
石に写真が印刷?された布が張り付いててね。
その石に触れるとその場所にワープできる優れもの。
まずはそこからいただきました。

*使用素材*
もっふぁんアルパカ(毛糸のコーダオリジナル)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。